「案の定」「流石!」

 

 今年は、ミミズがとても増えた。とりわけ、落ち葉掃除が遅れたために、苔庭はもとより、あちらこちらで落ち葉をそのまま放置していた。それは、苔を傷め、踏み固めた表土は緩めたことになり、ミミズを沸かせてしまったことになる。

 そのミミズを狙ってモグラが久しぶりに大暴れをしており、あちらこちらにモグラのトンネル廃土が小山をなしている。そのモグラにつられてか、ミミズに誘われたのか、イノシシが久しぶりに侵入し、ミミズがいそうなところを荒らしまわった

 そのミミズを狙ったかのごとくに侵入し、イノシシがミミズをあさりまあったわけだが、「案の定」と感心すると同時に、「流石だぁ」と奇妙な敬意を払わされた。

 


イノシシが久しぶりに侵入し、ミミズがいそうなところを荒らしまわった

 
 

 


 

inserted by FC2 system