未来につなぐ想い

 

 月曜日クラスの人たちは、「未来につなぐ想い」として「四季を彩る五節句の祈り」を選んだ。

 日曜日クラスは「未来につなぐ想い」として「明日への希望『戦争のない平和な世界』」に思いを込め、さまざまな人に輪を描かせた

 木曜日クラスは「自然によりそう暮らし」を、
 金曜日クラスは「文化を支える職人の技」を、
 そして日曜日クラスの人たちは「森に生かされ、森を育む」を思いついたようだ。
 率直に私は感動した。女性の願いに心打たれた。

 アイトワ塾で出たアース・オーバーシュート・デーで言えば、男性はどんどん未来世代に借財を押し付ける世界の自作自演に熱狂しているが、この人たちは、そうしなくてよい世界を願っている、と私は見た。だからと言って、江戸時代に戻っているわけではない。

 そこに、パラダイムの転換を願う姿を見出すのは、ひいきの引き倒しだろうか。
 

四季を彩る五節句の祈り

さまざまな人に輪を描かせた

自然によりそう暮らし

文化を支える職人の技

森に生かされ、森を育む
   

 

inserted by FC2 system