アイトワのホームページ
アイトワ循環図

 ありがたい2つの配慮 17/04/16

 冬に逆戻りした週初め、長勝鋸の「植木職・造園業対象勉強会」に参加、から始まりました。ある保育園に場を借りた開催でしたが、園児に戻りたくなる園でした。午前の講義では「長勝鋸の使いにくさ」が課題にされ、職人と私の受け止め方の差異に、大いなる学びを実感です。だからでしょうか、ふと前日迎えた教え子に思いを馳せています。午後は、園庭の7本の高木を教材に、実技でしたが、集った職人の立ち居振る舞いにすっかり心打たれ、意気を高めました。5時過ぎに帰宅し、温室の掃除を仕上げただけでなく花芽摘みもしました。個展の準備で超多忙の妻に、一仕事増やしたわけです。

 月曜日は、日延べしたルーチンの後、ハクモクレンの大量の落花を活かす工夫を試みました。それは、ナツメがまだ芽を出しておらず、遅霜の心配もありましたから、保水だけでなく畝の保温も期待する新マルチングです。ハクモクレンの花びらの通気性のなさを活用、です。第一次夏野菜のトマトを除く畝に、その落花を敷き詰めたわけです。妻はこの間、人形の搬出や、長期に家を空ける前の部屋の掃除と後片づけだけでなく、留守中の私の食事の準備などでテンテコ舞。もちろん風呂は、妻は深夜の入ることになるはずですから、私が焚いただけでなく、やすむ前にシッカリ追い炊きもしておきました。

 火曜日は、一畝耕してヤーコンの無性芽を植え付けたかったのに、終日の雨。やむなく私は(木曜からの2泊3日の出張予定に備えた後は)温室で鉢づくり苗づくりに精を出しました。ホウキグサやカーネーションは大鉢に苗を植え付け、フーセンカヅラは大鉢に種をまき、四葉キュウリとチマサンチェの種は(義妹に頼まれた通りに)苗床やポットに種をまきました。その最中に後藤さんが、前日のルーチンで「1点持ち帰り忘れた資料があった」と再訪。妻は(翌朝から東京で始まる個展の飾りつけが控えていたので)大喜び。雨に打たれずに駅まで車で送ってもらえることになったからです。

 曇天で明けた水曜日は、マイケルさん一家が「帰米する前に」と言って訪ねてくださり、庭案内から始まりました。午後は、前日の雨で野草が伸びたり花をつけたりしていましたからその退治。次いで、計画とは異なる畝にヤーコンを植え付け、シイタケを収穫し、その後はPCの人です。ガスストーブでシイタケを干しながら、出張で用いる資料を仕上げました。そして夕食を1人で済ませ、早めに就寝。

 この度の妻の留守中は、2つのありがたい配慮に恵まれました。1つは、2泊3日の関東出張を妻の個展期間中に挟んでもらえ(個展会場にも詰められ)たことです。2つ目は、残る一人でとる食事について、私は好きなだけ野菜を収穫し、調理すればよいだけで、後はすべて下準備がなされていたことです。

 出張はいつものように楽しかったし、温泉に4度も浸かれました。帰途は個展会場に立ち寄り、幾多の楽しいひと時に恵まれたのです。視力を欠いた商社時代の親友、エコトピアが焦点の論文で学位がとれたと知らせてくださった人、あるいは家族付き合いだった今は亡き親友夫人が孫も伴う総家族でなど、嬉しい再会の場になり、その間の昼と夕の食事は、すべて旧友との交歓の場になりました。とりわけ、湯豆腐の会の仲間との夕食と、30数年来の親友家族との昼食は、ありがたかったし楽しかった。

 帰宅は翌週の深夜に「ウキウキ気分で」になりましたが、一夜明けると畑はすっかり菜の花畑。用意して出掛けた鉢づくりや苗づくりはすべて期待通りに。方丈は階段が完成していました。

 


「園児に戻りたい」と思った

 
「園児に戻りたい」と思った。造園職人になりたくなる勉強会だった。それだけに、記念写真で、私が1人行儀の悪さをさらしていたことを知り、痛く反省。実技では、集った職人の立ち居振る舞いにココロを打たれたが、場を提供した園長も、嬉しそうだった。この日、花芽をまとめて摘み、好物の菜の花漬けにしてもらった。

 

 

私が1人行儀の悪さをさらしていた

、集った職人の立ち居振る舞いにココロを打たれた

 

 

場を提供した園長

花芽をまとめて摘み


新マルチングを試みた

 

ヤーコンの無性芽
当週は、思い付きで、ハクモクレンの大量の落花を活かし、新マルチングを試みた。だが、心積もりしていたヤーコンの無性芽の植えつけは、雨でその畝が用意できず、トウモロコシを予定していた畝に植えた。共に背が高くなり、日陰を造るので、育てる場が限られる。


鉢づくり

苗床はこの通りに

庭もこの通りに
鉢づくりと、留守にする数日間を読んでさまざまな苗づくりに精を出した。義妹は、妻の個展では終始行動を共にするので、四葉キュウリとチマサンチェの種を買い求めて来た。そこで、そのタネは工夫してまくことにした。特にキュウリは、3次に分けて苗を育て、提供したい。ちなみに、6日の間に苗床はこの通りに庭もこの通りにハナカイドウはかくのごとし

庭もこの通りに(数日後)

ハナカイドウはかくのごとし


義妹がこうして一緒の席についた昼食は初めて

ガスストーブで干しシイタケにしながら
妻は留守になったが、過日立ち寄ってもらったマイケルさん一家が再訪。この日の夜から、妻が留守中は生シイタケを活かせないので、ガスストーブで干しシイタケにしながら出張の準備などに当たった。


エコトピアが焦点の論文
いつも旧友との交換の場になる妻の個展会場に、エコトピアが焦点の論文学位がとれた、と訪ねてくださった人は、楽しい約束を妻と交わしていた。亡き母と瓜二つのこの人も、息子さんに伴われ「100歳になりました」と言って、訪ねてくださった。

学位がとれた、と訪ねてくださった人

亡き母と瓜二つのこの人


畑はすっかり菜の花畑

チューリップ

ハナスオウ
畑はすっかり菜の花畑、庭はチューリップハナスオウの季節。ショカツサイやイチリンソウも満開。アスパラガスは、シカの仕業この通り。エゾヤマツツジは「苗が欲しい」との希望者が多いが、挿し芽がやっとここまで。ウグイスが賑やかなこと。

シカの仕業この通り

挿し芽がやっとここまで


階段が完成していた。右の四角い窓はショーウインドウ

階段下に物入れを予定
方丈は、階段が完成していた。右の四角い窓はショーウインドウ。アルミサッシの窓はミニキッチン用採光。階段下に物入れを予定ミニ洗面台の大工仕事も終わっていた。

ミニ洗面台の大工仕事

 
 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system