呵責の念

 

 目に見えないところで何が生じているのか。あるいは未だ見えざる未来に、何が生じかねないのか。これらを考え、備え、早めに手を打てた時が一番楽しいし、愉快だ。

 その愉快さを得る上で、最も奥が深くて、有益性が高く、しかもヒトサマに迷惑をかけずに済むフィールドが、農業と林業を合体させる庭仕事、と私は見ている。

 その愉快さは、よく考え、早めに手を打ち、得心しながら進めることで得られるが、現実は失敗の連続になるのがオチだ。だから、この失敗の受け止め方が人生の分かれ目、と思う。自然の摂理に畏敬の念を抱くか、慄(おのの)くかが分かれ目ではないか。要は、「畏れる」か「恐れる」の問題。

 自然の摂理に気付かされ、畏敬の念を抱き始めたらしめたもの。「間違っていた」と気付かされるたびに興味津々の度合いが増す。やがて、人間とは「間違いを犯さざるを得ない生き方」を選んでしまった唯一の生き物ではないか、と気付かされる。要は、人間の性の問題ではないか。この性は人間由縁の才能でもあれば、人間のみが抱えた原罪の源でもある、と思いたくなる。

 他の生き物は「シマッタ」と思った時が「究極の利他」の時、と覚悟しているのではないか。他の餌として同化され、観念するのだろう。反省を重ねる必要などない。

 それだけ、余談を挟むが、逆にこの人間の性につけ込もうとする人の気が知れない。経済の活性化をカジノでとか、猜疑心を掻き立て軍備の拡張競争に追い立てるとか、はいただけない。

 オリンピックの誘致も、要注意だ。ロンドン大会のように、地区再生のテコにする上で、今ならまだ活かせる、と見るなら別だガ、お祭り騒ぎはいただけない。いわんや、福島復興の足を直接引っ張る今度の東京は、愚の骨頂だと思う。

 それはともかく、人間由縁の才能、あるいは人間のみが抱えた原罪の源に、いかに進取性と健全化を付加し、いかに創造的かつ建設的に活かすか、このありようが人生そのものではないか、と私は思う。そのありように、私は興味津々にされ、腐心の対象にしたくなる。「たかが庭仕事であり畑仕事だといつも思うのだが、そのつどされど」と、気付かされる。

 もう少し厳密に言えば、額に汗をし、手にマメをつくり、ややもすれば寝食を忘れがちになるモノ「つくり」全般を、好ましきフィールドと見てよいのではないか。もちろん、この「つくる」は、「作る」「造る」あるいは「創る」へと次元を替えることによって、人間由縁の才能、あるいは人間のみが抱えた原罪の源にも大きく影響をおよぼし、人生を千変万化させる。

 それだけに、残念ながら、このたびの失策は、まさに「バカみたい」であった。情けなくなるほど、2重のバカさ加減を自嘲した。まず、初めてトンネル栽培用のビニールシートを買い求め、畝に被せたが、その時に考えておくべきことであった。次に、前日、気づいて当然であったのに、まったく気づいていなかった。それはどうしてか、と反省し、呵責の念に苛まれた。

 どうやら、エンドウ豆や野草の立場で、つまり肝心の立場になっての考察が欠けていたのだろう。

 この過ち自体は、たかがしれた7株のエンドウマメの話だが、されど、と私は言いたい。このささやかでたわいのない失策の延長線上に何があるのか。何を見出だすべきか。ここに興味津々にされる余地がある。その一方の端に、昨今の「農業の工業化」をあげてよいのではないか。

 それは緩慢なる自殺行為、あるいは皆殺し作戦であった、といずれ振り返らざるを得なくなるだろう。大げさに言えば、「開発」と称せられるあらかたの昨今の活動は、いずれ破壊行為であった、と反省せざるを得ない時が来るだろう、と拡大させてよいはずだ。

 なぜか私は、伸びすぎたエンドウのツルと、育ち過ぎた野草が絡みに絡んで状景を目の当たりにした時に、藤田嗣二の戦争画の1つ、肉弾相打つ戦場を連想してしまった。

 悪しきリーダーが生み出させた犠牲の図だ。「戦わされた者同士」の悪戦苦闘の戦場を連想した。「未だ見えざる未来」に何が生じるのかをよく考えず、「目には見えないところで何が生じているのか」には頓着せず、願望や意地だけを先立たせたリーダーが生み出しかねない結末だ。

 なぜかこの時に、「ヨーし」との気分が湧いてきた。結果、好天をいいことに、日向ぼっこをしながら7株のエンドウを救うために、数時間を投じることになった。ポキッと折れやすいエンドウをちぎらないように野草を抜き抜いた野草は果樹の根元にまいて肥料にした

 もちろん、エンドウと野草の両方を畝に鋤き込み、肥料として活かす手があり、ならば手作業でも半時間を要しない。だが、それではツタンカーメンのエンドウの種が採れない。そのまま放っておいても種はとれるだろうが、だが同時に野草の膨大な種を一帯にまき散らさせてしまう。

 さてどうするか、せっかくヨカレと観て選んできたフィールドだ。収奪の余地が少なく、創出の余地が大きいフィールドだ。いずれを選ぶべきか、と呵責の念に苛まれた。

 

野草が絡みに絡んで状景を目の当たりにした時

ポキッと折れやすいエンドウをちぎらないように野草を抜き

抜いた野草は果樹の根元にまいて肥料にした
 
   

inserted by FC2 system