私も元気だ

 

 レイさんの手紙は「私も元気だ」との気迫に満ちており、嬉しかったし、ありがたかった。NZでは既に初夏の兆しが始まっているはずだが、冷暖房効果を高める工事の紹介だった。NZは、少なくともレイさんが住まうワンガレイは、夏はとても快適だ。だから冬への備え久慈に違いない。きっとレイさんは「私になら暖房効率を高められる」と考えたようで、引き受け、取り組んだのだろう。

 外壁に穴をあけたところから完成まで、解説付きで、写真が添えられていた。

 少し閉所恐怖症の私には到底取り組めない仕事だが、所期の目的を果たしたという。負けちゃおれない、と元気をもらえた。この工事は、一旦もぐり込めば「ペンチを忘れた」だけでも大変なことになる。それだけに、途中で投げ出しにくいはずだ。15枚の写真は。私に見せてよろうと考えたいわゆる自撮りに違いない。

 潜り込む穴をあけた現場の紹介潜り込む前の姿現場基礎の改造断熱材の充てん、そして仕上げと、作業工程が綴られていた。私は、その行間に、レイさんの心境を読み取ろうとした。おかげで、良いことがあった。

 晩夏の草刈りに取り組み、その2か所目の裏庭、コゴミ畑で、私なりにギリギリの判断を迫られた。この日は、カンカン照りではなかったが、高温だけでなく、ものすごく湿度が高い作業場だった。途中で投げ出したくなったが、狭い床下に潜ったレイさんを思い出し、「ここっ」というところまで刈り取り、何とか所期の目的を達成させられた。

 次は、アリエさんのオカゲだ。なぜかアリエさんを思い出した。ここが潮時と判断できた。アリエさんはきっと未体験になったのだろうが、私にはアリエさんという体験がある、と思った。あと片付けは後回しにして、行水に走った。

 まず頭にゆるやかに冷水をかぶった。ヌルヌルッと生暖かい水がほほに伝わって流れ落ちる。3杯目あたりから気分が爽快に向かった。よき1日の締めくくりだ、と思った。

 レイさんとアリエさんから、根気とその潮時を自習させてもらったわけだが、こうした人たちに触れたり勇気をもらえたりしたことが、何故か嬉しかった。こうした人たちこそ、真の自尊心(セルフエスティーム)に満ち溢れた人であろうと考え、ちょっと卑下させられたが、勇気も授けられた。

 


外壁に穴をあけたところ

潜り込む穴をあけた現場の紹介

潜り込む前の姿

現場

基礎の改造

断熱材の充てん

仕上げ
 
   

 

inserted by FC2 system