アイトワのホームページ
アイトワ循環図

 「案の定」と忸怩たる思い 15/06/07

 ビッグな週の前半で始まり、アイトワ塾の合宿で終わるなど、多々楽しい触れ合いに恵まれました。この間に妻の教室展が始まっていますし、庭仕事にも励んでいます。

 日曜日は、淡路出張最後の訪問先、北坂養鶏場の主・北坂勝さんが(平飼いの卵を手土産に)車で訪ねてくださった。鶏糞と「丸ごとプリン」を代引きで送るように頼んであったのです。エコライフガーデンを案内し、生きがいや死生観も語り合いました。

 最初の庭仕事は、ルーチンワークの後で手をつけた草刈りです。除草や花殻摘みでは追いつかなくなったのです。モクレンの種房拾いも始まりました。個離庵を作った大工さんがカンナ屑を時々くださるので、この日からマルチング材として活かし始めています。

 夜は、溜めこんでいた資料の整理にも手を付けました。先週は日々愉快に過ごしましたが、それは不快なこと(あるいは辛そうなこと)を先送りしていた、と言えなくもありません。それらの整理です。「案の定」との思いに、しきりに駆られています。

 その1つはアイトワ塾で知ったことで、かつての勤め先の不調でした。忸怩たる思いです。近隣での出来事もその1つです。昨秋からうるわしき文化の破壊が始まっていたのですが、ついに問題が提起されたわけです。他に、新聞やTVニュースで気付かされ、資料を溜め込んできた問題も、整理が出来そうになってきました。その多くは、わが国の品性に関わりかねない国際問題ですから、時系列に資料を溜めています。

 月曜日は、お待ちかねの3組の夫婦が集うことから始まり、夜もお待ちかねの仲間の集いで終わりました。火曜日は、広縁の前庭の手入れ。苗床で発芽させたモロヘイヤとタイバジルをポットでの1本育てにする作業。そしてニラの畝の除草などに励みました。その間に、妻もオレンジプールで久しぶりにトノサマガエルを目撃。また次々と咲き始めたセリ科の植物を2人で愛であいました。その夜半から、お待ちかねのほどよい雨。

 週の中日は雨音を心地よく聞きながら嬉々として早朝に目覚め、PCの人に。この日は午前と午後に、爽快な人を迎えています。共に、京都の未来に貢献する案件です。午後の方はアイトワ塾生も合流。10年20年と時を要する課題です。雨は午後からほぼ上がりましたが、久しぶりに書斎の人となって、妻の帰宅(教室展の飾りつけ)を待っています。

 週の後半は、心地よい驚きから始まる日々でした。まず木曜日の朝。久しぶりのほどよい一昼夜の雨が、夏野菜をムクムク育てたことに愕きました。翌金曜日は、NHK=TVの朝のニュースで、世界の良識を感じました。そして週末は、早朝のタケノコ掘りでした。

 この間に、初日は3件もの大事な打ち合わせがあり、週末は昼前から妻の人形展に出かけており、庭仕事は金曜日に集中です。まず、株たちのハナスオウを1本切り取り、ポンカンの日当たりを良くしました。最後のタマネギを収穫し、バジルなどの畝に、第1次のエンドウマメを始末し、第3次のインゲンマメなどの畝への仕立て直し。キュウリがカラスに襲われたので新対策。4時ごろから雨になり、温室仕事に切り替えましたが、冷え込みが始まったので引き揚げ、書斎の人に。妻の帰宅まで、3冊目の再読に集中です。

 かくして週末を迎え、前日は雨が降り出したので掘れなかったタケノコを、早朝に掘って湯がいてもらい、朝食後妻の教室展会場へ。そこで落ち合う約束が3つありました。その1つはアイトワ塾の仲間で、その足で泊りがけの合宿に向かいます。今週は、忸怩たる思いを2度3度としていますが、妻を褒めたくなることが多々ありました。
 

北坂勝さんはトランクに10袋もの鶏糞を詰めてきたが、車は匂わなかった。そして、「養鶏業者がなくなる世の中が、幸せな世の中ではないか」と語り始めた。話題は生きがいや死生観にまで広がり、鳥インフルエンザ問題も取り上げた。この度、久しぶりに顔が見える有精卵(9日前に見た)で、卵かけご飯を楽しんだ。


数を読みながら拾い始めた

良き堆肥になるか否か確かめる
モクレンが(受粉の機会がなかった)種房を落とす時期になった。数を読みながら拾い始めたが、「去年、4000個と分かったのでしょう」と妻は数える無駄を指摘した。私の考え方は違う。6日(土)9時現在、拾った数は2400個。経年変化を知りたい.第一、退屈がまぎれる。今年は、堆肥の山に摘んで、良き堆肥になるか否か、確かめる


太陽が取り持つ縁の仲良し

長男を連れ出せるようになった
この3組の夫婦は太陽が取り持つ縁の仲良し。お待ちかねの集いだ。太陽の詩をおくった岡部達平さんは、長男を連れ出せるようになった。岡部さんの活動を一書にまとめた今関信子さんには、ご主人を連れ出していただけた。


料理研究厨房

料理

エスカルゴ
ブルーマ55が、お待ちかねの料理研究厨房を完成させた。それを祝う仲間に、私も入れてもらえ、料理だけでなく、研究所の構造にも感心した。この夜、これほど美味いエスカルゴは、と最初のパリ出張来の半世紀を振り返った。また、とても痛快な人と隣り合わせになり、本質を瞬時にして見抜く人ではないか、と楽しかった。


ニラの畝の除草

除草後

パセリ
畑では、ニラの畝の除草などに励み、セリ科の植物の(ミツバから始まりパセリフェンネルニンジンイタリアンパセリと続いた)花を愛でた。昼に妻はオレンジプールでトノサマガエルを、夜に私はモリアオガエルは大鍋で見た。なお、広縁の前庭では、鉢植えのホンコンカボック(2年来冬越しもさせた)を、指標樹(寒さで枯れたら、冷え込みのほどが分かる)として地に下ろした。

フェンネル

ニンジン

イタリアンパセリ

モリアオガエル


カラス対策

レタスを育てられないかどうかを試す
これまでのテグスを張る方式に替えて、新しいタイプのカラス対策を試みた。また、今年から、竹の支柱を2度使いする試みに入った。第1次エンドウ(ツタンカーメンとスナップ)を始末し、支柱を残したまま畝を仕立て直し、この支柱に第3次のインゲンマメ(の苗を植え)と、第2次のシカクマメ(の種をまき)を登らせるなど。これらが育つまでに、この畝の肩で若採りレタスを育てられないかどうかを試す


佛教大学の卒業生と落ち合う場

 
佛教大学の卒業生と落ち合う場に活かしたり、明日香村の半断食道場で知り合った東京の女性(終末旅行で来阪)と再会する場に指定したりして、人形展の見学を有効にしました。

 

 

 

 

inserted by FC2 system