「クモ」の奇行

 喫茶店の厨房にある氷の冷凍庫(氷の出し入れが容易なように上面にあるガラスの引き戸)の上で、クモ(室内に棲み着く巣を張らない種)が凍っていた、という。つまみ上げて掌の間でしばらく温めた上で、日当りがよい窓際に置いておいた。次に側を通りかかった時にはいなくなっていた。そこで妻は、「キット(そのクモは)、餌(にする昆虫が)が(思ったように)いないから、冷凍庫の上で冬眠することにしたのヨ」と、妄想を始めた。かつてキンギョの冬眠を話題にしたことがあるが、それを思い出していたのだろう。

 金魚は、冷凍庫に水鉢ごと入れて即座に凍らせてしまうと、冬眠状態になる。その証拠に、日当りがよいところに水鉢ごと出しておけば、氷が溶け、金魚が泳ぎ始める、と教えてもらったことがあるが、その時の話だ。

 もちろん私は「マサカ」と応えたが、秘かに私も、このクモの話はありうるかもしれない、と思っている。もしその気がなければ、そのようなところに踏みとどまらずに、直ちに通り過ごしていたのではないか。



 
 

inserted by FC2 system